About LLOYD LOOM OF SPALDING

現在「ロイドルーム」という固有名詞だけが先行し、実際の生産国がイギリスでなく、中国やアジアであるこも多いロイドルーム家具。私たちRUSTIC TWENTY SEVENとしては「本物」でなければ、取り扱う意味がない。実際イギリスのロイドルームの工場を見る必要がありました。そして幸運にもいまだに昔ながらの“Hand Made”にてイギリス国内で生産しているロイドルームメーカーと出会うことができました。その名は『LLOYD LOOM OF SPALDING』。この社名は「スポールディングで造るロイドルーム」という意味で、その社名には職人たちの誇りが込められています。

ロイドルームの歴史

マーシャル・バーンズ・ロイド

「ロイドルーム」は、1900年初頭にMarshall Burns Lloyd(マーシャル・バーンズ・ロイド)により開発されました。ラタン(籐)に変わる画期的な素材として、頑丈により合わせた特殊なクラフトペーパーをワイヤーに巻きつけ、織り上げて作られた家具をロイドルームと呼びます。英国らしいヴィクトリアン様式のデザインは、大変エレガントで美しく、瞬く間に英国のみならず世界中に知れ渡るようになります。また、アンティークのものも有名で、100年経ってもなお実用品で使用できる、とても頑丈で素晴らしい家具と言えます。

「LLOYD LOOM OF SPALDING」とは

ロイドルームオブスポルディング社

「ロイドルーム」と呼ばれる数多くの家具の中で、イギリスのリンカーン州の町スポルディングにある「ロイドルームオブスポルディング社」で造られるロイドルームは、伝統的な生産技術でイギリスの職人の手により一つ一つハンドメイドで造られる最高の品質を誇るロイドルーム家具です。 優秀なデザイナーや職人、販売員を含む50人のスタッフが日々働いており、 とにかく「ハンドメイド」にこだわり、年間25,000アイテムを生産し、世界約70ヶ国の国で販売されています。LLOYD LOOM OF SPALDING社の製品は、ウィンブルドンのロイヤルシートや豪華客船など、世界中のホテルやレジャー施設、レストランなどにイギリスの最も品質の良い手工業製品として採用されています。 また、イギリスの著名な家具デザイナーである「Jane Dillon」「Nigel Coates」「Mark Gabbertas」「Henry Harris」らとともにロイドルームのコレクションである伝統的かつクラシックな部分を越える新しい現代的なデザインをつくっています。 ロイドルーム オブ スポールディングの財産は、優秀な技術を持つ職人たちであり、従業員には平等な機会を与え、訓練することで技術の発展に貢献しています。

「LLOYD LOOM OF SPALDING」のプレートが本物の証

ロゴプレート

LLOYD LOOM OF SPALDINGの名はイギリスでは最高の手工業品として有名で、その名前の入ったチェアには特別の感情さえ起こります。ゆえにこの場所で造られるロイドルームだけが、全てにおいて「英国品質」と呼べる唯一の家具なのです。LLOYD LOOM OF SPALDIGN社のロイドルーム家具には必ず右の写真のような真鍮のロゴプレートが付けられています。

プロの職人による製作現場

「LLOYD LOOM OF SPALDING」の家具は、お客様のご注文に応じて製作される、完全受注のハンドメイド製品です。工場では優秀な職人たちの手により、ひとつずつ丁寧に造り出されています。

  • 職人01
  • 職人02
  • 職人03
  • 職人04
  • 職人05
  • 職人06
  • 職人07
  • 職人08
  • 職人09
メイキングフィルム

職人たちによる制作現場をショートストーリーのフィルムに仕上げました。幻想的な音楽とともに、繊細な指から造り出される芸術とも呼べる家具の制作模様です。ぜひご覧ください。

ページのトップへもどる